歴史

数馬酒造は、醤油造りと酒造りで、「水」をShareしました。

数馬酒造の創業は、記録に残っているのは明治2年からです。それ以前、江戸時代に数馬酒造は、醤油製造を生業としていました。ある時期から、醤油の仕込み水が酒造りに適していることに気づき、明治2年から酒造りを始めたと伝わります。

太平洋戦争前には、旧能都町にもたくさんの蔵があり酒造りをしていましたが、戦争が激しくなり物資不足のため「一地域一蔵」しか酒の製造が認められなくなったのです。その時、たまたま前年一番多く仕込んでいた数馬酒造がこの地域で残る一蔵になり、他の酒蔵は販売店となりました。

数馬酒造の蔵は、多くの人々の酒造りへの思いに支えられていることを、私たちは決して忘れません。

BACK TO TOP