世界農業遺産の地「能登」にこだわる

変化に富んだ能登の自然と、能登の叡智に、世界が注目しています。

2011年6月、能登半島の「能登の里山里海」が、国内初の「世界農業遺産」に認定されました。自然と調和する農林水産業を現代生活に活かす「能登の里山里海」は、未来へ引き継ぐ世界の宝物です。

世界農業遺産=食料の安定確保を目指す国際組織「国際連合食糧農業機関(FAO)」が、世界的に重要な農業地域を後世に引き継ぐため、2002年に開始したプロジェクト。その土地の環境を活かした伝統的な農業・農法や生物多様性が守られた土地利用、農村文化や農村景観などが一体となり維持保全が図られている地域を認定している。

BACK TO TOP