梅にこだわる

梅は、もちろん、能登産。能登で初めて、梅酒を始めた蔵です。

梅酒ブーム到来に先駆けて、日本酒をベースに各地域の梅を使った「梅酒を作りたい」と、全国三か所の蔵に依頼がありました。能登では、数馬酒造が選ばれ、私たちは、能登で最初に梅酒を造り始めました。

当時「ご当地梅」の手配には、今から三代前の杜氏が一役買ってくれました。杜氏のふる里で梅を生産しており、酒造りが終わると梅栽培を手伝っていた彼は、ふる里での信頼関係も厚く、地元の梅を集めることがとても順調に運んだのです。

能登で初めて梅酒を造って以来、毎年より良い味わいの梅酒になるよう、数馬酒造の工場長は、独自の製法で研究を重ねています。また地元の水あめを使用した、新しいタイプの梅酒やゆず酒にも挑戦し、とてもご好評をいただいています。いずれも原材料は全て、能登産です。

BACK TO TOP