SDGsの取り組み

SDGs

水田作りからの酒造り

里山資本の循環型のものづくりを目指して

2014年より、株式会社ゆめうらら様と連携し、世界農業遺産に認定された「能登」の里山里海の景観の維持に貢献できればと、能登の耕作放棄地を活用した米作りを始めました。
耕作放棄地を地主さんからお借りして、開墾し、水田に復活させて、そこでお米を育て、お酒を醸す。
お酒が飲まれれば飲まれるほど、能登の耕作放棄地が減っていくという取り組みです。
2017年には、多くの方のご協力のもと、一つの集落の耕作放棄地がゼロになり、東京ドーム4個分の耕作放棄地の削減に成功しました。

数馬酒造オンラインショップ