SDGsの取り組み

SDGs

資源循環酒「能登牛純米」

 

能登の畜産業・農業・製造業が互いの生産活動で発生する
“副産物”をシェアする取り組み

能登の畜産業(寺岡畜産、能登牛繁殖センター)、農業(ゆめうらら)、酒造業(数馬酒造)が「副産物を互いにシェアし、能登で資源を循環させたい」との想いから連携を開始。

農業で発生する籾殻を畜産業が堆肥に加工し、水田に返す。

農業から生まれるお米で製造業がお酒を醸し、精米の過程で発生する米粉は畜産業が牛の餌として活用する。

そんな取り組みから生まれた資源循環型のお酒です。

数馬酒造オンラインショップ