醸しコラム

Column

【設備リニューアル】瓶詰ライン入れ替えました。

2018.11.02

2018年8月瓶詰めラインをリニューアル致しました。

より高品質なお酒を、安全にお客様へお届けできるようになりました。

全ての設備をラインに組み込んだため

現場スタッフの効率化・省力化・標準化にも繋がり

「持続可能なものづくり体制」へ一歩近づきました。

 

導入したのは下記設備でございます。

充填機

非接触型充填方式で、遺物混合リスクが限りなく低い新型タイプを採用いたしました。

ステンレス製の設備かつ囲われた空間でお酒を充填するため、より衛生性的な環境での充填が可能になりました。

 

 

パストライザー

通常は蛇管やプレートヒーターと呼ばれる設備でお酒を火入れ(加熱殺菌)してから瓶詰めし

香味成分を保つため急冷を行う方法が一般的です。

今回導入した設備は、瓶にお酒を充填してからミストによる火入れ(加熱殺菌)と急冷が可能となったため、

より高品質かつ均一な品質での瓶詰が可能となりました。

 

 

エアー水切り台

お酒がパストライザー内を通るときには温水・冷水のミストがかかるようになっております。

そのため、エアーで瓶に付着した水滴を飛ばし、ラベルを貼りやすくするための設備です。

 

全自動ラベラー

水滴を飛ばしたお酒は、ここで表・裏ともにラベルが貼られて出てきます。

 

 

以上の設備の導入により、お酒の充填から火入れ・急冷・ラベル貼りまでを自動化することが出来ました。

今後も更にお客様のご要望に素早く、柔軟に対応出来る体制を構築していきます。

数馬酒造オンラインショップ