商品紹介

Product list

純米酒

竹葉 生酛純米 奥能登

能登テロワールを追求した純米酒

海藻から抽出した酵母使用し、旨味豊かな味わい

米・水・酵母すべてが能登産の純米酒です。
特に酵母は、能登の海藻から抽出して使用しており、能登テロワールを追求したお酒です。販売開始から2年目を迎えた昨年は、国内外のコンクールで多くの賞をいただくなど反響が大きく、発売から半年で完売となっておりました。

「竹葉 生酛純米 奥能登」の3つの特徴
1.能登の海藻から抽出した酵母を使用
2.醸造課社員のチャレンジから生まれたお酒
3.フランスの世界的トップソムリエも認める旨み豊かな味わい

このお酒は、奥能登の海岸に漂着した海藻から採取され、東京海洋大学、石川県立大学、弊社の共同研究により開発された酵母を使用しています。
また、醸造社員にそれぞれタンク1本の自由醸造を任せる「責任醸造」という取り組みの中で、海藻酵母を使用した酒造りにチャレンジしたところ、独特の味わいを持つお酒に仕上がり、製品化に至りました

また、フランスの世界的トップソムリエであるダビッド・ビロー氏から『日本酒のもつ“UMAMI”を初めて体感することができた』と、このお酒が持つ豊かな旨味について、特別なご評価を頂きました。

こちらも合わせてご覧ください。
【コラム】ワイングラスで楽しむ日本酒『竹葉 生酛純米 奥能登』

 

竹葉生もと純米 奥能登

【コラム】ワイングラスで楽しむ日本酒『竹葉 生もと純米 奥能登』

2021年02月03日

 

***

日本酒に飲み慣れていない方にも飲みやすい味わいです。
口に含むと、バナナやカシューナッツのような優しい甘みと、コクのあるプディングやカスタードのような、包み込むような香りが口の中に広がります。
「生酛造り」のお酒は独特の酸味が特徴的といわれますが、このお酒には、べっこう飴のような柔らかな甘みと香りがベースにあり、そこに心地よい酸が調和された味わいに仕上がっています。

《ワイングラスでおいしい日本酒アワード2020 最高金賞》
《IWC2020 金賞/リージョナルトロフィー》

《ワイングラスでおいしい日本酒アワード2020 最高金賞》
《IWC2020 金賞/リージョナルトロフィー》

1800ml 2,800円(税別)
720ml 1,400円(税別)
原材料名 米(国産)、米麹(国産米)
原料米 能登産五百万石100%
契約栽培農家 株式会社ゆめうらら(石川県志賀町)
アルコール分 15%
精米歩合 70%
おすすめの飲み方 ワイングラスで12℃~14℃ほど(冷蔵庫から出して少し経過した程度)の温度帯で飲まれると、軽快な酸味とコクのある旨みが味わえます。

開栓後は香りや味わいに甘みが加わっていきますので、数日間の経過を楽しめることも魅力のひとつです。

和食ならおひたしや焼き野菜、白身魚の昆布締めなど。素材の持つ繊細な甘みを引き出したお料理とのぺアリングがおすすめです。
洋食にも合わせやすく、バターやサフランの香りなど、ペアリングには食材を選ばない万能さがあります。

また、旨味のある余韻が続くことから、濃厚なチーズやドライフル ーツに合わせて、じっくりと飲み進めることもできる一本です。
数馬酒造オンラインショップ