醸しコラム

Column

【Fun Fan Chikuha!】2020年4月号のお届け内容について

2020.04.21

こんにちは!蔵人又木です。
今回は「Fun Fan Chikuha!(ふぁんふぁんちくは)」4月号のお届け内容についてご紹介します!

Fun Fan Chikuha!は毎月第3月曜日にお届けしています。4月号のお届け内容は、「竹葉 生酛純米 奥能登」と「閃 特別純米」です。

■お届けするお酒①「竹葉 生酛純米 奥能登」
竹葉 生酛純米 奥能登、生酛仕込みを行いお米の旨味を最大限に引き出した海藻酵母使用の純米酒です。
生酛造りとは、昔ながらの酒造りの手法で自然界から取り組む乳酸菌で酒母となる酛造りをする手法です。弊社ではまず手作業でお米をすり潰し、その後2人で櫂を入れてお米をすり潰す工程を数回行い、ドロドロの液体にして乳酸菌が発生しやすい環境を作ってあげます。特にはじめにお米をほぐす作業は冷蔵庫の中で氷なども使って低温で仕込みをするのでとても大変な作業です。生酛仕込みは、手作業で行い空気中の乳酸菌を取り入れ増やしていくため酒母を作るのに約1カ月程かかります。(ちなみに人工的に乳酸を加える速醸酛では、酒母は約2週間程で出来上がります)また、こちらのお酒は「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2020」にて最高金賞を受賞しております。

■お届けするお酒②「閃 特別純米」
閃 特別純米は、流通限定の秘蔵酒で、現蔵元が24歳で蔵を継いだ時、日本酒に馴染みがない同世代の仲間にも日本酒に触れて欲しいと、自ら開発した銘柄です。酒米には石川県が独自に開発した「石川門」を使用しており、この酒米はしっかりとした旨味を出す特徴があります。「閃」はどんな暗闇の中でも「一閃の光のようにまっすぐに自分の信じた道を突き進みたい」という思いから名付けられました。

■今月のミニプレゼント「まあそい塩」
おまけのミニプレゼントとして石川県七尾市能登島の海藻からつくられた「まあそい塩」をお付けしています(*「まあそい」は能登島の方言で「豊かな」「よく成長した」などの意味があります)。生産者のお母様方の手で、「島を訪れた方に地元の食卓の一部をお土産として持って帰ってもらい、訪れなかった方へはお裾分けとして島での食体験を共有してもらいたい」という想いを込めて作られています。

毎月お届け内容に合わせた読み物のリーフレットがついており、食育インストラクターで国際唎酒師でもある弊蔵若女将によるお酒の360度徹底解析がされていたり、お届けする料理とのマリアージュレシピの紹介やコラムなどをお楽しみいただけます。4月のお酒に合うマリアージュレシピは「藻塩とレモンのカルパッチョ」です。オリーブオイルと藻塩をふりかけたシンプル焼き野菜もおすすめとのことで、これは実際につくってお酒と一緒に食べたいです!!!Fun Fan Chikuha!はまさに飲んでよし食べてよし読んでよしな楽しいセットです。

個人的には「閃 特別純米」のとろみがあるような甘さとふくらみがあるようなお米の旨味、淡いピーチのような香りが春らしさもあって今の季節にぴったりなお酒です!閃 特別純米は1401号酵母を使用しており、酵母由来の香や味わいがしっかりと出ているように感じます。また、限定流通のお酒ですが、石川県内での販売はしておらず全国でも数社のみの販売になります。*詳細は弊社までお問い合わせください。


おかげさまで多くの方にお申し込みをいただいております。
新規お申し込みも随時承っておりますので、この機会にご検討をいただけますと幸いです。
皆様に弊社のお酒を楽しんでいただけることが、何よりも私たちの励みになります!


▼『Fun Fan Chikuha! 』特別ページはこちら▼『Fun Fan Chikuha! 』特別ページはこちら

~月額3,300円(税込)で始める、日本酒のある楽しい食卓~

◎Fun Fan chikuha!のおやくそく◎
・毎月厳選した「旬」の日本酒をお届けします
・日本酒の美味しい飲み方や、おすすめのレシピを詳しくご紹介します
・他では買えない秘蔵酒や限定酒もお届けします
・能登や酒蔵にまつわる、ちょっぴり嬉しいプレゼントをお届けします
・会員様から頂戴したご意見やご感想は、大切に蔵の造りや運営に反映させていただきます


数馬酒造オンラインショップ