SDGsの取り組み

SDGs

「中能登イセヒカリの会」プロジェクト


令和のはじまりとともに、新たなプロジェクトが始動しました。
「中能登イセヒカリの会」プロジェクトでは、伊勢神宮の御神田より発見された新種のお米「イセヒカリ」の種もみをお分けいただき、中能登町の地域ブランド品として栽培。中能登町様や天日陰比咩神社(あめひかげひめ)様、生産農家様が主体となって、中能登町ひいては能登全体の発展を目指して取り組みます。

また、実ったお米を用いて日本酒を醸します。
令和元年に伊勢神宮ゆかりのお米での酒造り。まさに神々しい取り組みに、弊社へお声かけをいただき感謝いたします。誠にありがとうございます。

「なかのとイセヒカリ」は御籤(みくじ)によって「神のおつげ」と名付けられました。
御田植祭や抜穂(ぬきほ)式、醸造奉告祭などの神事を経て、令和2年(2020年)1月に清酒「神のおつげ」発売の運びとなりました。このお酒が中能登町の新たな魅力となるよう願っております。ぜひ一度、お手に取っていただけたらと幸いです。

■清酒「神のおつげ」商品紹介ページ
https://chikuha.co.jp/product/isehikari

■天日陰比咩神社ホームページ
http://amehikage-hime.jp/

■なかのと観光ナビ
https://www.town.nakanoto.ishikawa.jp/tourist_navi/

数馬酒造オンラインショップ