SDGsの取り組み

SDGs

廃園になった保育園を活用した醤油事業

醤油事業のリニューアル

数馬酒造が酒造りを始める明治時代以前から続く、能登最古の醤油事業です。

150年以上の歴史を重ねた旧醤油蔵の建て壊しに伴い、能登の山村に位置する、廃園となった保育園を醤油蔵として改装しました。

子どもたちの賑やかな声の代わりに、私たちが新しい活気になれれば幸いです。

能登の耕作放棄地で栽培した小麦・大豆を使用し、「能登産」「手作り」にこだわり、原点回帰で造る新しい醤油です。

仕込み準備中のためお手元にお届けできるまで、今しばらくお時間をいただきます。

どうぞ、お楽しみに。

【醸しのコラム】では、数馬酒造の醤油について連載記事を掲載しています。
こちらもぜひ、ご覧ください。

≫数馬酒造の醤油 vol.1|新たなスタート
≫数馬酒造の醤油 vol.2|保育所を醤油蔵に
≫数馬酒造の醤油 vol.3|素材へのこだわり
≫数馬酒造の醤油 vol.4|醤油造りの現場から

数馬酒造オンラインショップ