SDGsの取り組み

SDGs

竹葉 日本酒で仕込んだ加賀棒茶®リキュール


加賀棒茶®を日本酒に漬け込み、香ばしい棒茶の風味をじっくりと抽出した、香り高い日本酒仕込みのリキュールが完成いたしました。

弊社では、2019年より廃業したワイナリーを活用したリキュール蔵の稼働を開始しました。米・麹・水だけでは生み出せない味わいと香りをリキュールに表現することで、アルコールの新たな価値を創造し、食卓に多様性を提供したいと考えています。
かねてより能登テロワールを大切にした酒造り・醤油造りに取り組んでまいりましたが、リキュール事業ではコラボレートする企業様との可能性がより一層広がり、さらに多くの方々と共に地域を盛り上げていける体制が整いました。

こうした流れのなかで「株式会社茶のみ仲間」様よりお声がけをいただき、実現したコラボ商品第一弾が、日本酒で仕込む加賀棒茶®のお酒であり、リキュール蔵の移転後初めての新商品です。
「株式会社茶のみ仲間」様は、日本茶を古いものではなく、現代の暮らしの中においても必要不可欠なものとして、日本茶のある生活を提案しながら伝統産業や産地を守ることを信念としています。このような想いが弊社の取り組みと共鳴した所以です。

今回のコラボで使用する加賀棒茶®は、石川県加賀地方を発祥地とし、茶葉ではなく茎を伝統製法によって、石川県内で焙じあげた「ほうじ茶」を指します。独特の芳ばしい香りが特徴で、古くから石川県民に親しまれています。
加賀棒茶®という新たな原材料の融合で生まれた「日本酒で仕込んだ加賀棒茶リキュール」は、香りを愉しむ日本酒リキュールです。加賀棒茶®のもつ風味を損なわないよう少量ずつ丁寧に仕込んでいます。加賀棒茶の柔らかでほのかに甘く香ばしい香りが心地よく、口に含むと棒茶の旨味とともに、すっきりとした日本酒の味わいが楽しめます。

※加賀棒茶®は石川県茶商工業協同組の地域団体商標です。
定義『加賀地方を発祥地として、加賀地域に由来する製法により、石川県内で茎茶を使用し仕上げ加工されたほうじ茶』

【関連記事】SDGsの取り組み|廃業したワイナリーを活用したリキュール事業
https://chikuha.co.jp/project/liqueur/

【ご購入はこちら】https://shop.chikuha.co.jp/products/150340330

数馬酒造オンラインショップ